占い詐欺の手口

占いサイトを隠れ蓑(ミノ)にしている出会い系サイト

ではなぜ?出会い系サイトは占いサイトを隠れ蓑(ミノ)にしているのでしょうか?

出会い系サイトを利用して貰うためには、ちょっとした法律の壁が立ちはだかっているためです。そのハードルを越えるために利用しているのが「占いサイト」なのです。

出会い系サイトは年齢認証の必要な広告

出会い系サイトの多くは、利益を生む出会い系の広告を利用者に登録、もしくは利用して貰うことで利益が発生し儲かっています。

その儲けの元になる「出会い系広告」を利用して貰う際には「年齢制限」があり、それが出会い系サイト側にとって超えなければならない壁でありネックとなっています。

国の法律の中に「特定商取引法」というネット上での広告配信に国が定めた規制があり、出会い系サイトの場合は「年齢認証を必要とする広告」であることが義務付けられています。

利用者側に責任がある?!

例えば実際にサイト利用者が未成年だったとしても、サイト利用の際に「あなたは18歳以上ですか?」という表示に本人が「Yes」と回答してしまったら、出会い系サイト側としては「ここで年齢を確認しています。利用者側の年齢詐称であり、こちらとしてはどうすることもできません。」と答えられます。

霊感占いやスピリチュアル系占い等は、生年月日を必要としない占いですが、それ以外の占いでは必ずと言っていいほど生年月日が必要となります。それらの占いは必ずといっていいほど「生年月日」鑑定する基としているためです。

また、占う側も占いとは生年月日が必要という認識が浸透しているため「生年月日を入力する」という事に抵抗がありません。

そこを詐欺集団は上手く利用しているのです。占いサイトと出会い系サイトを連携することで、規制の壁を巧みに超えて行けるのです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

-占い詐欺の手口
-